【コンディショナーとトリートメントの違い】 知識がない人に向けて簡単に説明します!! 今更聞けない!?

美容系の話

 こんにちは(^^♪

10年ほど美容師をやっていた者です!

 急ですが!

 皆さんお風呂でシャンプーの後につけるものは何をつけていますか??

 「え? コンディショナーでしょ!」

 「もちろんトリートメント」

 「トリートメント だと思って使っていたが、よく見たら コンディショナー だった。。。」

 結構間違って使ってる人が多いこの問題!

簡単に説明するのでぜひ見ていってください(^^

まず、大きく分けて3種類

  • リンス
  • コンディショナー
  • トリートメント

 基本的にこの 3つ にわかれます!

 値段の安い順に 「リンス」 → 「コンディショナー」 → 「トリートメント」 というのが基本です

他にも 「マスク」 などが存在しますが トリートメント の部類に含まれると思ってください

 では この3種類! 詳しく見ていきますよ(^^

①リンス の効果

  • 髪の艶(ツヤ)だし!。。。のみ

 リンスは髪に艶をだす効果を持っています!

 女性の方は艶がほしいですよね!

 「じゃあ艶が欲しいからリンスを買えばいいの?」

答えは NO です!

理由もありますので焦らず次の項目へ ↓

②コンディショナー の効果

  • 髪のキシミを取る!
  • 髪の艶(ツヤ)だし!

 多分 一番使ってる人が多いのがコンディショナーだと思います!

 今の時代 カラーリング、 パーマ をしてる人がかなり多くなりました。。

もちろんその分髪も痛んでいるわけですね。。。( ;∀;)

 シャンプーをすると髪がキシキシすると思いますが、

コンディショナーはその キシミを取ってくれる効果 をもっています!

さらになんとリンスの特性である 髪の艶だし効果 も持っているんですねー!

つ・ま・り

コンディショナーがあればリンスはいらない ということです

次へ ↓

③トリートメント の効果

  • ダメージ補修
  • 髪のキシミを取る
  • 髪の艶だし

 最後に トリートメント!

 値段は この3種類の中では1番高い とおもいます。

なぜかというと 唯一髪のケアをしてくれる成分が入っている からです! 

さらに! 

リンス、コンディショナーの性質を備えているのです!

 実は リンス、コンディショナーには髪のダメージ補修をしてくれる成分がほとんど入ってないので、いくら毎日しっかりリンスやコンディショナーをつけていても髪はよくならないのです(; ・`д・´)  

  衝撃!

全ての性能を兼ね備えているトリートメント。そりゃあ値段も高くなるのは当たり前ですね、、

まとめ

 細かい話をすればもっと色々ありますが、

 簡単に説明するとこんな感じです!

 つまり

1回でもカラーリングやパーマなどをされている人は「トリートメント一択」です!

じゃあ

「何のために3種類に分かれているか?」

 カラーリングやパーマなどをされていない人はリンス、コンディショナーだけでいいのです! 

 髪がダメージしていないのに補修する必要はありませんからね(^^)

 男性でもダメージあればトリートメントしてくださいね~

つける順番

では最後に つける順番 を教えます!

  1. シャンプー後
  2. トリートメントつけて数分放置(長く時間を置いたほうが浸透します)
  3. コンディショナー(トリートメントを流してみて髪がまだキシムようなら)

つまり、

 「トリートメント」さえあればコンディショナーはいりません!  

 さぁ

 今すぐ自分が使っているものが

 コンディショナーなのか?

 トリートメントなのか?

を見てきてください!

間違って使っていたら今日から変えていきましょう(^^)/

ワンポイントアドバイス

トリートメントやコンディショナーをつけたらクシ(安いプラスチックのやつでOK)などでとかしてあげると浸透力が格段にあがります!

 最後まで読んでいただきありがとうございました!



他にも色々書いてるのでよければ(^^

タイトルとURLをコピーしました